過去問演習に際して | 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2019年 7月 24日 過去問演習に際して

 

こんにちは!

青山学院大学

経営学部

経営学科

2年の川森大輝です!

今週は

「夏休みに特に伸ばした分野」

というテーマがあります!

私は高校3年生の夏休みに

基礎基本を利用する力

をつけるために

勉強していました。

とにかく演習に力を

いれていたのが懐かしいです。

東進ハイスクールの

過去問演習講座

(ものすごくオススメです!)

をフル活用して

夏までに勉強した基礎知識

がしっかりと使えるように

するために

センター試験の過去問や

センター試験本番レベル模試の

過去問を重点的に

演習しました。

英単語。

数学の公式。

漢字や語彙。

などなど

基礎基本の数々を

しっかりと夏休みで

使えるようになれば

しっかりと点数に

表れてくるはずです!

 

ちょうど

演習の話題がでましたね!

(出したのは無論私ですが。笑)

 

過去問演習

受験勉強をする上で

とても大切なものの

ひとつです。

みなさんも絶対にやること

のひとつになっている

はずです!

 

しかしながら、

みなさんには

必ず忘れないでほしいこと

があります。

 

それは基礎基本

おろそかには決して

しないでほしい

いうことです。

 

どれだけ過去問や

模試を解いたとしても

点数があがるわけでは

ありません。

 

過去問を中心に

勉強をしている時に

陥りがちなことが

あります。

 

それは

「あれだけ過去問を解いていたのに、点数があがらない、、。」

です。

 

この状態に陥ったとき

やりがちなことは

「もっと解きまくろう!苦手な大問を解き続けよう!」

です。

 

これだけは

かなり危険です!

気をつけてください。

 

過去問であったり

模試であったりが

解けなくなる

もしくは

点数に表れてこない

というときは

絶対に原因があります。

 

一度演習中心で

勉強しようと

決めてしまえば

しまうほどに

基礎基本に立ち返る

ことが少なくなるのでは?

と強く思います。

 

私自身がそうだったからです。

 

高3の

夏休みの終わりの

8月センター試験本番レベル模試。

全く点数に表れて

いませんでした。

夏休みの努力は

無駄になったのではと

思ってしまったほどです。

 

ミスの傾向を改めて確認

してみると

基本的なところで

ミスをしていることに

ようやく気付きました。

 

つまり、

基礎基本

おろそかになっている

のであれば

絶対に点数にはでません。

 

また、

点数に表れてこない

理由はほかにある場合

だってあります。

 

問題を解く順番を工夫

するだけで大幅に

点数が伸びたり、

解き方を少し変えるだけで

改善することだって

あります。

 

何が言いたかったかと

言いますと

「やみくもに演習をする。」

これだけは

禁物

ということです!

 

みなさんには、

演習をするとき、

必ず点数を

伸ばすためには

なにが必要なのか

自分の中でしっかりと

考え

自分の中でしっかりと

そのことを落とし込み

それに基づいた勉強を

心掛けてほしいです!

 

それだけで劇的に

変わることは

あるはずです!

 

この夏の後悔を

絶対に残さないよう

頑張ってください!

今日もブログを読んでいただきありがとうございました!

 

明日のブログは

杉原担任助手です!

お楽しみに!

***各種申込は以下のバナーをクリック!***

★☆★現役合格実績No.1の秘訣を知ろう!★☆★


★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★

★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★


★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★


★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★



***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***


市川駅前校 担任助手 川森大輝

過去の記事